ラヴァストーンって・・・

0

    久々のお天道様の光を浴びて

    光合成をおこなっている鉈凸子(ナタデココ)です。

    心を光合成ハート!お日様って大事ですね。

     

    さて、話は変わって、

    皆様ラヴァストーンって、ご存知ですか?

    ラヴァとは溶岩」、溶岩石と言った方がわかりやすいかもしれませんね。

    パワーストーンの仲間にもなっているようですし、

    なんだか火山の溶岩からできたのですから、

    すんごいパワーがありそうです。

     

    パワーストーンとしての効能は・・・

    「火山の噴火によってできた溶岩石。

    生命力を活発にしくれる。

    マイナスイオン&遠赤外線効果で健康と、美肌・若返り効果。

    心と身体に対し、大地に抱かれたかのような温もりと、

    深い情の気持ちをもたらすことで、恋人や夫婦間の【愛・絆】を深めてくれるといわれています。

    また、溶岩が冷えて固まってできたことから、「絆を固める」と伝えられています。

    友人や知人と良好な関係を築くことのほかにも、恋人や夫婦の愛を深めてくれるといわれています。

    そのため、夫婦円満などのお守りとしてもピッタリのパワーストーンです。

    だそうです。非常に興味深い文字がありますね。

    ブレスレットで身につけたり、

    焼き肉プレードや健康グッズだったり、

    建築用材としても利用されていたり、

    色々な形で結構身近にあるものなんですね。

     

    溶岩石には空気に触れて固まった気泡の多いタイプ

    地中で空気に触れずに固まった気泡の少ないタイプがありまして、

    前者に比べ後者は比重が高く、強度があるのが特徴です。

    そこで、後者の気泡の無いタイプの石を使ってこんなものを作ってみました。

     

    ドブレ640&760ユーザー様に朗報です。

    「マキメンオリジナル ドブレ640用ラヴァストーンプレート」

    「マキメンオリジナル   ドブレ760用ラヴァストーンプレート」

     

     

    ドブレ640&760の炉内に取り付けてある

    「バーミキュライト」ですが、

    わりと柔らかくて、

    「薪を当ててしまい割れた!」

    「何シーズンか使って、いつの間にかひびがっ!」

    なんて相談がしばしば…。

    消耗品ですし、お高いものではないけれど、

    割れる度に交換か…。

     

     

     

     

     

    それならいっそこの溶岩石、ラヴァストーンで作ってしまえば…。

     

    各言う、マキメン秘密基地本部のドブレ760様は

    ラヴァストーンプレートカスタムタイプで

    24時間フルタイム、3シーズン問題なく稼働しました。

    今年のシーズン開けの炉内・・・

     

    ドブレ様を囲むメンバーが仲良く過ごせたのも、

    私のお肌がプルプル(ブルブル?)なのも、

    ストーブで作る料理が美味いのも、

    パワーストーンの威力か?

     

    ウソかホントかあなたも試してみてはいかがでしょう?

    より強固な家族の絆を!

    よりおいしいおうちご飯を!

    よりあったかいストーブのパワーを!

     

     

     


    イントレピッド供[た栃臀検!

    0
      バーモントキャスティングス イントレピッド供[た栃臀犬任后

      3シーズン使用、弊社にて毎年メンテナンスを行い
      今年触媒を新しくしております。
      極上です、ウォーミングシェルフも一つ付いております。
      もう片方もご入り用でしたら特別価格にてご提供いたします。

      里親決まりました!!ありがとうございました。


      中古ストーブ ヨツールF400 BP 里親募集!

      0
        おひさです!
        極上のストーブが中古で出ましたのでご案内です。
        ヨツールのF400 BP、別荘使用でしたので使用回数も少なく
        程度は極上です。

        里親決まりました!!ありがとうございました。


        ヨツールは人気機種ですのでなかなか中古が出ません、
        特にF400、F500あたりは、、、、、。

        前オーナーさんから「良き里親を探してください」とのことで
        お預かりしましたので、条件を付けさせていただきます。

        ー分で薪を作り、管理出来る人。(薪作りの出来る方)
        ▲好函璽屬魄Δ掘維持管理の意識を持った人。(定期的にメンテナンスをする方)
        J声劼ら片道100匏内の方。(フォローできる範囲ってこと)
        け貽郵事もさせてね!笑


         

        出して欲しい!

        0
           
          じつは一人悶々としていることがある、

          メトスさんよっ!
          ビンテージのスペシャルカラー出しておくれよ!!

          その名も「ヴィンテージ ピンクパンサー!!」




          100台限定でいいからさ!
          クラウンに負けてらんねーべさっ!

          N村さん、、、頼む、、、、。

          とりあえずドブレにメール送っておくわ、、、、。

          USA 2013

          0
             
            スターバックスでマックスコーヒーを注文する
            マキメンです。

            やまちゃん、最近ブログ更新しないな〜。

            突然ですがアメリカに来ました。
            いやいきなりは来れないな、、、
            計画的に来ました。



            飛行機では見事隣のお〇ブな外人さんに
            自分の席の10%を領域侵犯され、とても苦しい
            フライトでした、、、、。

            シアトルは10年以上振りでしょうか、、、、
            湿度もなく爽やかな気候、天気も良いし最高です。



            SEA-TAC空港についてびっくりしたのは
            電車が通ってる。



            しかも快適、運賃も$2.75って安い!!
            簡単にダウンタウンまでアクセスできます。

            今回はレンタカーを借りません、
            電車で移動しようと思います。

            さて、詳細は後々で、、、。

            チャオ!


            いろんな屋根がある。

            0
               

              昨日は現場調査とお打ち合わせで

              午前中は長野県北部の小谷村へ。

              すぐお隣は新潟県、


              このあたりは茅葺き屋根の集落が多く存在し

              日本の原風景を残す貴重な場所だ。

              冬には4メートルを超す積雪となり

              厳しい自然との生活が待っているが

              今は、青い空、残雪の残る山、新緑の森、田んぼの美しさ、

              見ていてうっとりするほどきれいだ。

              今回、煙突工事をする予定のお宅は築150年の

              茅葺き屋根、しかも煙突が屋根を貫通する工事となるため

              地元の大工さんと綿密な打ち合わせが必要だった。

              70歳とは思えないほど元気な棟梁とお会いし、

              今回の難しい工事を快く承諾していただき、

              うれしさと共に煙突屋としての使命にますます

              闘志を燃やしております。

               

              現場が動き出したころにもう一度

              お伺いしようと思っています。

              何度でも足を運びますよ〜♪

              午後は一転長野を一気に南下し山梨県の清里へ!

               

              こちらのお宅は総銅葺き!!

              すげえっ!

               

              お客さんが電蝕を心配されていたが

              腐食が起きにくい素材を使って施工することを

              お伝えして安心してもらう。

              いつも思うのですが、屋根材っていろんな種類が

              あります。

              瓦から始まって、萱、鉄板、銅、ステン、石、木、石油系

              世界でもこんなに種類があるのは日本ぐらいじゃなかろうか??


              その都度頭を悩ませますが、

              安全に、長期にわたり機能維持させるためには

              何がベストか?日々勉強しながら進んでいます。

              生涯学習も結構楽しいものです。

              戻ってきたらすっかり日も暮れ、400勸幣總行しましたが

              疲れよりも、人との出会い、素敵な風景や自然に

              癒され元気をいただいて帰ってきました。

              がんばるぞ〜!!

               


              デファイアント

              0
                 
                往年のストーブ

                デファイアント初期型の最終型(ややこしい、、、)
                がやってきました。



                もう置く場所がないよ、、、、、。

                古いストーブ

                0
                   最近、いろんなところで古くから使われている
                  ストーブに出会うことがある。

                  メンテナンスで触らせていただくこともあれば、
                  調子を見に焚いているところを見させていただいたり、、、。
                  作業場に持ち帰ってオーバーホールしたり、、、、。

                  オイラも昨年から作業場で
                  スキャンのCI−7というストーブを使っている。
                  デンマークのストーブだ。



                  このスト−ブ、知ってます??
                  もう30年前のストーブです。

                  で、古いストーブって性能が悪いって
                  みんな思ってない??

                  確かに最新式のストーブと比べれば
                  そこかしこが違うけどさ、、。

                  車の世界にも古い車が大好きって人いるじゃない?

                  薪ストーブはどうなの?

                  古いストーブ、いいじゃない。
                  と、オイラは思うよ。

                  愛情かけて手を掛けながら使っている
                  古いストーブってものすごい存在感がある。
                  敬意を払いたくなる時がある。

                  古いストーブって「やんちゃ坊主」が多いな、
                  ガーって燃えていく感じが頼もしくもある。
                  それでいてすごくあったけー。
                  最近のストーブは育ちの良いお坊っちゃんのようだ。
                  見かけだけのグレーな性能を持ったストーブもある、、、、。

                  古いストーブは冬でも鼻水垂らしながら外を掛けまわっている、
                  やんちゃ坊主のようだ。

                  でも、調子に乗りすぎるとアキレスのかかとを矢で射ぬいちゃう、、、、。

                  古いストーブは部品供給に難がある、
                  そこが難だな、、、、、。

                  先日1台のCI−7が
                  お嫁に行くことになった。
                  嫁いで行くからには化粧直しが必要だ。



                  しかし、状態はあまりよろしくない、、、、。
                  炉内のヒートプロテクターがダメなんだな、、、。

                  よっしゃ、ちょっと部品を作ってみっか!



                  こんな感じ、どうだべ??



                  左右の熱衝緩に感じで、どうだべ?

                  お〜い!CI−7、幸せになれよ〜♪

                  新型 イエルカストーブ

                  0
                     
                    今秋、新型のイエルカストーブが発売されます。
                    本日拝見してまいりました!



                    おおっ!
                    焚いてみたい!!



                    製作途中のWOLFもありました。
                    何か生き物みたいでかわいいのがやっぱイエルカストーブだね。

                    うわ〜うわ〜 パート2

                    0
                       薪ストーブユーザーさん、薪ストーブマニアさん、パンピーの皆さん
                      こんばんは!

                      今宵も薪ストーブ語り部のお時間がやってまいりました。
                      ナビゲーターは
                      自称スーパーマキストーブバカのマキメンです。

                      さぁ、来たさ!
                      10年以上探し続けたあのお方が、、、、。

                      古き良き時代のアメリカ・バーモントキャスティングス社の
                      「デファイアント モデル1」正真正銘の初期型。
                      しかも完全オリジナルの新品!おそらく1978年のものと推測、、、、。



                      奇跡だ、、、、、、風が吹いたね。
                      自分でも今だ、信じられない。
                      先日海を渡ってやってきた。
                      あるところにはあるもんだ。

                      モデル1の新品ってこの世に何台あるんだろう???

                      以前こんな記事も載せたことがある。
                      http://blog.stovemain.com/?eid=1243932

                      でもこのモデルはモデル3何だよね、、、、。
                      比較的新しいタイプ。

                      このモデル1はおそらく日本には入ってきていないタイプだ。
                      グルドル、口元、ハンドル、ファイヤーバックの形状が違う。

                      マニアだろ〜???
                      オイラがもっとも欲しかったストーブかな〜、、、、、、
                      ものすごい存在感です、オーラが出ています。



                      話は変わるけど、石釜作ってみた。
                      釜がドーム型で煙突がないタイプ、、、、。
                      設計からすべてやってみたけど結構手間かかるね、、、、。
                      またインプレッションを書いてみたいと思います。







                      categories



                      アメリカCSIA(煙突安全学会)煙突掃除人のライセンス取得。

                      日本煙突掃除人協会

                      NCSG (アメリカ煙突掃除人協会)会員

                      世界煙突掃除人集会

                      Facebook

                      archives

                      selected entries

                      recent comment

                      recommend

                      夢の丸太小屋に暮らす 2011年 03月号 [雑誌]
                      夢の丸太小屋に暮らす 2011年 03月号 [雑誌] (JUGEMレビュー »)

                      「マキメンが行く!」好評?連載中!

                      links

                      profile

                      search this site.

                      others

                      mobile

                      qrcode

                      powered

                      無料ブログ作成サービス JUGEM