焚火日和♪

0

    何かやり残した感がずーっとあった、

    不完全燃焼、煤で真っ黒、鉈凸子(ナタデココ)です。

     

    あ、そうだ!焚火してない!

    今年はキャンプもできなかったし、焚火もしなかった。

    お外遊びは完全に不完全燃焼で終わりそうな2016年。

    新秘密基地での薪作り、薪の整理で出たクズ薪を処分しなくては!

    という理由で、小春日和の日曜日の午後、さっそく焚火開始。

     

     しかし、放置されていたクズ薪は

     湿気を含んでなかなか燃えません。

     乾いた薪のありがたさが身にしみます。

     

     気持ちよく燃えだした頃には

     辺りは薄暗くなってまいりました。

     

     闇の中の炎。

     時間を忘れ、ひたすら見つめてしまいます。

     

     落ち着きますね…。

     癒される…。

     なぜでしょう?

     深く考えるのは今はやめましょう。

     

     せっかくの火のパワーを利用しなければ。

     

     近所のホームセンターで

     マシュマロを購入。

     あちっ!

     火の勢いがよすぎて

     マシュマロを焼くことができません。

     

     生焼けマシュマロ食べ食べ

     久々の焚火を楽しませていただきました。

     

     皆様にも炎のパワーが伝わるといいな。

     

     

    そして、焚火を楽しんだ後の後始末はしっかりと!

    火は楽しむこともできますが、非常に危険でもあります。

     

     薪ストーブもしかり、

     ストーブの周りに可燃物を置かない。

     取り出した灰の保管などなど、

     日々の安全対策も大切です。

     

     そして、もしもの時の対策も!!

     

     地震、雷、火事、マキメン店長 (笑)

     おまけに、風水害。

     何が起こるかわからない、ここ日本。

     

     ストーブの前でコーヒー飲みながら

     ちょっと、対策を練ってみてはいかがでしょう?

     

     
     

     

    火の用心、火の用心!

     

    今シーズンも、皆様の安全で快適なストーブライフをお祈りしています。
     

     

     

     

     
     


    1

    categories



    アメリカCSIA(煙突安全学会)煙突掃除人のライセンス取得。

    日本煙突掃除人協会

    NCSG (アメリカ煙突掃除人協会)会員

    世界煙突掃除人集会

    Facebook

    archives

    selected entries

    recent comment

    recommend

    夢の丸太小屋に暮らす 2011年 03月号 [雑誌]
    夢の丸太小屋に暮らす 2011年 03月号 [雑誌] (JUGEMレビュー »)

    「マキメンが行く!」好評?連載中!

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM