薪ストーブライフにも高齢化問題の波が・・・。

0

    薪ネタが続きます。

     

    マキメン秘密基地での作る薪はほぼナラ(販売用)。

    わずかに栗や桜、果樹などの雑木、針葉樹があるくらいでしょうか。

     

    ナラの薪は本当に火持ちがよく、理想的な薪。

     

    しかし、極上の薪だけに、身が詰まっていて作業していても重くて重くて・・・。

    そのせいでしょうか、薪作りをしていて出てくる弊害の一つは、

    「テニス肘」ならぬ「薪肘」(勝手に命名)や手の指の関節痛などなど。

    握力がなくなる・・・フライパンが片手で持ち上げられない・・・。

    年のせいもあるかもしれませんね。

     

    薪ストーブの世界に入った頃は

    「薪は太いほうがよい!」

    「広葉樹は○、針葉樹は×」

    などが定説?でしたが。

     

    しかし最近、お客様から

    「いや〜、最近(年のせいで)薪が重くて持てないから、細めの薪をお願いします・・・。」

    「今までセルフで煙突掃除していたが、さすがにもう(年のせいで)無理かも・・・。」

    「薪ストーブも(年のせいで)引退する時が来るかもしれないわね〜。」

    「今はエアコンも省エネで、安くなったしね。」

    (と言った後に必ず「でも薪ストーブは本当にあったかいからね〜」とまるで枕詞のよう。)

    なんて話されるようになったんです。

     

    そうです、薪ストーブライフにも高齢化問題が確実に出てきているのです。

     

    先日も来店下さったお客様は、

    長年一人暮らしをされた別荘を今月いっぱいで引き払われ

    ご自宅へ戻られるとのことでした。

    薪作りのお手伝いをさせていただいたこともよい思い出です。

    寂しいことではありますが、仕方のないことでもあります。

    また、お会いしましょう!とお別れした後、

    つい、自分はいつまで大好きな薪作り作業ができるのだろう・・・

    なんて考えてみました。

     

    「おばあちゃん、薪重いでしょ〜。無理しないでね〜。」

    なんてお客さんに言われながら薪の配達するのも悪くないか(笑)

     

    そのためには健康第一!安全第一!で毎日を送らねば!!

     

     そして、薪は細めに割るのも忘れずに。

     

     極太、太、中細、細とサイズも色々。

     

     ナラは乾いても結構重いのです。

     

     

     

     

     限界までお客様をサポートできますように。
     

    あ、ちなみに、しつこいようですが、

    薪は「樹種」にこだわるより、「乾燥」にこだわった方がいいのです!

     

    台風の雨の後の虹、見つけた!

     

     

    そして、今シーズン薪の配達、早くもスタートしました。

    極上の薪をおとどけしますよ!

     

     

     

     

     


    コメント
    コメントする








       

    categories



    アメリカCSIA(煙突安全学会)煙突掃除人のライセンス取得。

    日本煙突掃除人協会

    NCSG (アメリカ煙突掃除人協会)会員

    世界煙突掃除人集会

    Facebook

    archives

    selected entries

    recent comment

    recommend

    夢の丸太小屋に暮らす 2011年 03月号 [雑誌]
    夢の丸太小屋に暮らす 2011年 03月号 [雑誌] (JUGEMレビュー »)

    「マキメンが行く!」好評?連載中!

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM